1. ホーム
  2. マニュアル
  3. SSL
  4. 証明書のインストール手順
  5. Apache + MODSSL環境における証明書のインストール手順

Apache + MODSSL

本マニュアルは以下の情報で作業を行うものとして進めます。

コモンネーム www.example.com
SSL証明書のファイル名 securecore000000000.crt
中間証明書のファイル名 securecore000000000Int.crt
秘密鍵のファイル名 securecore000000000.key
confディレクトリまでのパス /(Apacheのサーバールート)/conf/
証明書のディレクトリ /(Apacheのサーバールート)/conf/ssl/crt/

それでは、以下の手順に沿って証明書のインストールを進めてください。

1.「契約情報」をクリック

Xserverアカウントへログインし、対象のSSL契約の右端にあるクイックメニュー()から「契約情報」をクリックしてください。

「契約情報」をクリック

2.SSL証明書を取得

「SSL証明書をダウンロード」をクリックし、SSL証明書を取得してください。

「SSL証明書をダウンロード」をクリック

3.中間証明書の保存

「中間証明書をダウンロード」をクリックし、中間証明書を取得してください。

「中間証明書をダウンロード」をクリック

以下マニュアルから中間証明書を取得することも可能です。

■Let's Encrypt
■セキュアコア・ドメイン認証SSL
■セキュアコア・企業認証SSL
■セキュアコア・EV SSL
■CoreSSL
■ジオトラスト・クイックSSLプレミアム
■ラピッドSSL
■デジサートSSL

※クロスルート方式にする場合など、2種類の中間証明書をインストールする際は、テキストファイル内において【3階層目を上に】【2階層目(クロスルート証明書)を下に】して、1つのファイルに保存してください。
ただし、「Plesk」「cPanel」などをお使いの場合は、それとは逆に【2階層目(クロスルート証明書)を上に】【3階層目を下に】して保存してください。

4.秘密鍵を用意

SSL証明書を取得申請・更新申請する際に作成した秘密鍵をお手元にご用意ください。

5.SSL証明書・中間証明書・秘密鍵をサーバーのディレクトリにコピー

SSL証明書・中間証明書・秘密鍵をサーバーの任意のディレクトリにコピーしてください。

SSL証明書 : /(Apacheのサーバールート)/conf/ssl/crt/securecore000000000.crt
秘密鍵   : /(Apacheのサーバールート)/conf/ssl/key/securecore000000000.key
中間証明書 : /(Apacheのサーバールート)/conf/ssl/crt/securecore000000000Int.crt

6.SSL設定ファイルに以下のような内容を追加します。

SSL設定ファイル(「httpd.conf」や「ssl.conf」など)にて、SSL証明書・中間証明書・秘密鍵のファイル名をフルパスで指定してください。

■証明書ファイルの指定例
SSLCertificateFile /(Apacheのサーバールート)/conf/ssl/crt/securecore000000000.crt
■秘密鍵ファイルの指定例
SSLCertificateKeyFile /(Apacheのサーバールート)/conf/ssl/key/securecore000000000.key
■中間証明書ファイルの指定例
SSLCACertificateFile /(Apacheのサーバールート)/conf/ssl/crt/securecore000000000Int.crt

7.サーバーを再起動します。

秘密鍵の作成時にパスフレーズを設定している場合は、パスフレーズの入力を求められますので、設定したフレーズを入力してください。

8.Webブラウザで動作を確認します

証明書をインストールしたURLをブラウザへ入力し、証明書の動作を確認してください。

http://www.example.com/